いらっしゃいませ!このブログは、四日市のカリスマ親ばかフットサラーがお送りしますm(__)m ごゆっくり!!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20051120220955
フットサルマガジンピヴォ33号で気になる記事があります。P100の全日本大学フットサル大会の記事です。東・西大会優勝チームは全日本フットサル選手権へ出場出来るという条件で、東日本大会優勝は、国士館大学サッカー部。トップチーム以外の選手が集まったチーム。ルールも知らない、フットサルもやった事ない。西日本大会優勝は、阪南大学サッカー部。A、Bチーム以外の選手が集まったチーム。大会3日前にフットサルの練習をした程度のチーム。東西ともサッカー名門大学の控え選手が集まったチームが優勝で全日本出場。全日本フットサル選手権大会出場を目標にしとるフットサル選手も多いんやで、この2チームの出場枠はどうなんやろ??と思ったら、西日本大会に関西リーグ所属の神戸大学フットサル部が出場しとって、サッカー部チームに負けてる(>_<)毎日フットサルの練習しとって、関西リーグ所属のチームが即席サッカーチームに負け(☆。☆)これが現実かなぁ?!「戦術ができるチーム」と「勝つチーム」とは違
うって事かな?前に、上村信之介選手がサッカーチームにフットサルで負けてかなりへこんだって記事があったなぁ。で、結局上村選手が勝つ為に考えた戦術が「サッカーとフットサルの融合」みたいな事書いてあったなぁ。関東リーグで好調のボツワナも戦術よりも、個対個の勝負を重視しとるみたいやしなぁ。結局チームにあった戦術を身につけて、進化させてく、そしてより上のレベルを勉強するのが大事なんやろな。サッカーの良い所も取り入れて。って僕にはかなりレベルの高い話やな(笑)まずは、足裏トラップから練習やな(^O^)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fckan.blog22.fc2.com/tb.php/89-8fdb9398
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。